✨発達障害の借金生活✨

美人の先生の経歴について説明します

Scroll down to content

あと3時間くらいで美人の先生の受診がはじまると思うとうしろめたいよ

どの面さげて行けばいいのか悩むよな

昨日の続きだけど美人の先生の事を調べれば調べるほどまぶしくなってくるよ

先生の両親はどちらも精神科の医師で結婚と同時にアメリカのクリニックに留学したらしいよ。

だから先生は4歳くらいまでアメリカで育ったんだね

だから俺が先生にアメリカに俺が行った時の話をしても先生は沈黙と言うか反応すらしてくれなかったよ。

アメリカの事は先生にとって触れて欲しく無かったんだね。

ネットで調べたら先生の父と母のプロフィールが必ず出てくるよ。

それでかなりの数の書物を出版してるんだ。

父は今現在九州大学の教授で母は山梨県の精神科病院を個人経営してるよ。

それでなぜ先生が4歳くらいまでアメリカにいた事がわかったかというと

1991年に母が次女を出産したと同時に帰国したと記していたから

先生には今現在29歳くらいの妹がいたんだね

あと先生のふるさとだよりの記事には

先生は大学で弓道部に所属していた事がわかったよ。

先生ってかなり誠実な大学生活をしていたんだなと益々まぶしくなってきたよ

あと部活経験はバスケ部もあると記していたけど

たぶん中学や高校でバスケ部に所属していたんだね。

俺は過去に先生から仕事はちゃんと続いてますかという質問に対して俺は同期はみんな辞めたけど今は同期で残っているのは俺だけだよと話したら

先生は同期はみんな辞めたのによく頑張ったと俺の事を誉めてくれたよ

そしたら俺は何故みんな続かないかというというとみんな学生時代部活をやって無いから忍耐力がないんですよ

びっくりするくらい帰宅部が多いですからねとこたえたら

先生は俺に何か部活をやってたんですかと質問して来たので

俺は野球部をやってましたよとこたえたよ

そしたら先生はやっぱり部活をした経験は仕事を持続するための忍耐力を得られるから必要なんですねと言っていたよ

やっぱり話した限りでは先生の様な偉大な人は自分の過去の実績とかを話したがらないんだな

アメリカで4歳くらいまで過ごした事も話して話しを盛り上げてくれれば良かったのにと俺は思ったけど話しが盛り上がったたら診察時間が10分しか無いからなとても10分以内には収まらないよな

質問して無いのに自分から話すと自慢話になるからね

本当に偉い人って言うのは先生の様な人の事を言うんだなと実感したよ

美人の先生の事を知れば知るほどまぶしくなって今は正直会いづらいのが本音だよ

先生の事をネットで調べて驚いた事はたくさんあるけど続きは今日先生に会った感想の後に公開するから楽しみにね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。