✨発達障害の借金生活✨

平将門の首塚に久しぶりに行きたくなった

Scroll down to content

平将門の首塚は、大手町の東京メトロ半蔵門線沿いで確か三井物産がすぐそばにあったよ。

俺は、2年くらい前に1度だけ行ったことがあるよ。

その時は、夜だったから

ココで祈願するのは、少し不気味な感じだったよ。

祈願してたら後ろから知らない人がひとり言を言っていたのか?

それとも俺に話しかけていたのか?

知らないけど凄く俺は、驚いたよ。

平将門の霊が俺の祈願に応えてくれたのかと思ったね。

平将門と言えば関東8カ国を手に入れた武勇に優れていて主に得意な戦術が騎馬隊だったよね

有名なのは、平将門の乱だよね。

平将門の乱とは

平安中期、関東に起こった内乱。平将門は、939年常陸・下野・上野の国府を占領、一時関東を支配下において新皇を称したが、940年平貞盛・藤原秀郷らに討たれた。同時期の瀬戸内海における藤原純友の乱とともに承平・天慶の乱という。

平将門は、この戦では、4000人の国軍に対して将門軍たったの400人で立ち向かったという英雄なんだ。

なぜたった400人しかいなかったかというと彼は、領民思いな所があって

本来ならもっと軍勢は、増やす事は可能だったけど

農業も大事だからほとんどの兵士を農作業するために帰したらしいよ。

それにこの当時の帝連中は、領民から莫大な税を搾取して贅沢三昧だったから見るに見かねて関東8カ国を武力で制圧して新皇を名乗って朝廷を支配してやろうと思ったんだ!

だから平将門は、けして私利私欲のために関東8カ国を制圧したわけじゃなくて領民思いな故に謀反人にされてしまったと言ってもいいね。

あと都市伝説で平将門の首は、京都に晒されて数カ月間腐らなかったとか

首が飛んで関東に戻って行って力尽きて落ちた場所が今の平将門の首塚がある場所だという説があるよね。

こちらの記事に5つの都市伝説が詳しく記さているから参照してください。

https://spirituabreath.com/tairanomasakado-kubiduka-4655.html

気になるからもっと調べたいけど平安時代の中期の資料は、多いとは、言えないから困難だろうけどね。

また行く暇があったら行って見ようと思うよ。

4 Replies to “平将門の首塚に久しぶりに行きたくなった”

  1. 平将門の首塚の写真って不思議と神秘的に感じます。
    (あくまで個人的感想ですが。。)

    祈願はどんな祈願をしたんでしょうか。
    願い、叶うといいですね!

    1. ため息おじさん
      お疲れ様です
      そうですよ。平将門は、武勇など全て優れてましたから神と言っても過言では、ないですね。
      都市伝説では、やたらと祟りとか言ってますけど
      平将門自身は、人を恨む事は、無いと思いますよ。
      祈願は、平将門のように世のため人のためになれるようなチャンスを私にも与えてくださいという祈願をしましたよ。

  2. 将門の首塚というから
    将門自身も恐ろしい
    イメージがあったけど
    領民思いの良い部下だったんですね。
    でも、勝てば官軍って言葉もある通り
    残念ながら勝った方から見たら
    負けた方が悪人に
    されてしまうんですよね。

    会社でもそうだと思います。
    糞みたいなヤツが順調に
    出世していくけど
    仕事できて気遣いも出来る人が
    何故か
    左遷されたりすることもあるので
    昔から変わらないんだなって
    思いました。
    今度将門の首塚に行ってみようかな?

    1. アイシンさん
      そうなんですよ。
      勝てば官軍負ければ賊軍という言葉は、今でも同じですよね。
      そのように思われ勝ちですが
      やはりそういう英雄や天才達は、普通の人以上に幸せを味わい。
      神に選ばれて若くして亡くなるのでしょうか?
      それを考えると世の中地獄でしか無いように思えますね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。