✨発達障害の借金生活✨

アーサーコナンドイルは、シャーロック・ホームズよりも評価されたかった作品が複数ある。

Scroll down to content

コナン・ドイルと言えば、やはり「シャーロック・ホームズ」シリーズが代表作だ。

1881年に第一作である長編小説『緋色の研究』を発表したのを皮切りに、雑誌における短編小説の連載を含め、数々の作品を発表している。

ホームズの相棒である「ワトスン」の語り口で描かれる物語は、多くの人を魅了した。しかし、先述したように、本来歴史小説家として名を馳せたかったコナン・ドイルは、そのあまりの人気にホームズを最終回へと導くことを決意した

1893年の『最後の事件』でホームズを一度、死亡させている。

気持ちは、痛いほどよくわかるな!

俺も船でコック長をやっていた時は、

握り寿司を評価して欲しかったよ!

それなのに握り寿司が好きな船員がたまたまいなかったから他の料理は、評価されても握り寿司を評価されなかった事が思い出す度に悔しいな!

せっかく苦労を重ねて修行したと言うのにな!

URL参照

https://massy777.com/2020/01/21/%e6%b1%9f%e6%88%b8%e5%89%8d%e5%af%bf%e5%8f%b8%e3%81%ae%e6%8f%a1%e3%82%8a%e6%96%b9-2/

歴史小説『マイカ・クラーク』(1889年)は、17世紀のイングランドで起こった王位継承問題「モンマスの反乱」を題材とした物語です。出版当時、高い評判を集めた一作です。

コナン・ドイル自身も、自らの「最初の出世作」「礎石」などと位置付けていて、彼の作家人生の中でも重要な作品となっていたようです。歴史小説では他にも、ルイ14世による「ユグノー(フランスの改革派教会、カルカン主義のこと)」の迫害を題材とした『亡命者』(1893年)もあります。

コナン・ドイルは歴史小説以外にも、SF小説も手掛けている。いわゆる「チャレンジャー教授」シリーズだ。1912年に発表された『失われた世界』やその翌年の『毒ガス帯』は、その独特な世界観が人気となった。

コナン・ドイルが「シャーロック・ホームズを死なせた」とされる『最後の事件』

(1893年)の翌年に執筆を開始したとされるのが『ジェラール准将』です。ナポレオン戦争時代を舞台としたストーリーで、主人公「ジェラール」によって様々な武勇伝・功績が語られている。

このジェラール准将シリーズも人気を集めたものの、やはりホームズ人気には勝てなかったようです。ホームズ復活・ホームズシリーズ連載再開を望む声には、さすがにかなわなかったらしい。

シャーロック・ホームズが殺されたシナリオにして最終回に無理やりしたもののシャーロック・ホームズの続編が観たいというファンからの熱い要望に応えることを決意したためシャーロック・ホームズは、実は、生きていたというシナリオにしてシャーロック・ホームズシリーズを復活させたのであった。

アーサーコナンドイルの晩年は、やたらと心霊ものなど非現実的な作品が多く目立ったよ!

俺もブログには、かなり非現実的な心霊ものを投稿したのになぜ誰も突っ込まないの?

心霊ものには、誰も信じてないの?

責めて嘘だろ!ってくらいの突っ込みは、欲しかった!

このブログ記事投稿するのかなりお金と労力使ったのに評価されなかった事が今でも悔しいよ。

https://massy777.com/2020/01/02/%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%81%ae%e5%bf%83%e9%9c%8a%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%89/

世の中理解不能なことってよくあるよね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。