歌に挑戦

CIMのKiring-meに挑戦した

CIMのキリングミーは、激しすぎるからストレスがたまった時には、もってこいだね。でもむせて咳き込むから気をつけてね。

俺は、今日は、デスボイスという

俺が1番苦手な分野に挑戦したよ。

なぜ俺がデスボイスが苦手かっていうと俺は、ガキの頃から裕福な家庭に生まれ育ったからそんなに苦労という苦労して無いからな!

デスボイスが得意なヤツは、苦労しているからやっぱり声にパンチがあるよ。

川崎の池上町が生んだティーパブロだって朝鮮人部落があるスラム街で貧しい暮らしに周りから冷たくあしらわれた過酷な人生を経験してるからな!

苦労したヤツは、いつみてもカッコいいよ。

苦労したヤツと言ったら今思い出したから話すよ。某SNSで知り合ったジウン君という俺よりも2つ上の先輩で長崎出身でお互いヒップホップが大好きだったから趣味が合うということで仲良くなったんだ。なんで先輩なのに君付けで呼ぶのかというと俺は、あくまでサイト上の知り合いであって顔だけなら写真でお互い知っては、いるけどまだ1度も会ったことは、無いんだ。だから気軽な感じで先輩なのにタメ口で話していたよ。そんな君付けで呼ばれたりタメ口で話されたら彼は、どの様に思ったかは、わからないけどね。

ジウン君は、よく彼が歌った歌のURLを俺の所に送信してくれていたよ。彼のデスボイスは、最高にうまかった記憶いまでも忘れられないよ。

彼は、在日朝鮮人で差別されたり家庭が貧しかったり苦労しているからな!

それだけに俺の様な棒読みじゃ無くて歌声にかなりの節が利いていてとても素晴らしかったよ。

その時の俺は、山口にいてジウン君は、長崎だったから俺は、彼に川崎の浜町や池上町には、コリアンタウンがあるとか詳しく話してあげたら彼は、俺川崎に住むよと言ってくれたよ。それで話が弾み過ぎて川崎に俺達が行ったら一緒にヒップホップのグループを結成しようよ!そしてCLUB CITTA’のステージを目指して絶対に上がってやろうぜ!ってな感じでエスカレートして夢みたいな話しばかりしたかな。今は、もう彼がどこにいて何をしてるのか不明だけど今でも彼にリアルで会いたいと思っているよ。

今日紹介するグループのCIMも

You Tubeのエピソード動画によればバンドを結成してから消して平坦じゃ無かった事を詳しくつづっているよ。やっぱり歌声にもよく表現されてるから苦労してるんだな

CIMのキリングミーは、激しすぎるからストレスがたまった時には、もってこいだね。でもむせて咳き込むから気をつけてね。俺なんか何回も咳き込んだよ。

それじゃまずは、本物からご覧ください

本物

最後に俺が歌ったやつ!

俺が歌ったらただ単にうなっているだけで棒読みだけど良かったら聴いてくださいね。

https://photos.app.goo.gl/TTimH5LfyAMtdgoF8

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。