料理の裏技

きな粉もちを食べたから今日は、調子いいぞ

田舎から母がもちを送ってくれたから今日は、きな粉もちの作り方を説明するよ。

もちって腐りやすい事を考慮してたくさん送って来なかったけどね。

まず最初にする事は、もちを焼くことだね。ガスコンロのグリルかストーブとかあれば最高にうまく焼けるけど残念ながら俺のキッチンは、コンロが電気だからフライパンで焼くよ。

俺の亡くなった親父は、ガスコンロで育ったからガスコンロで焼いても許せるみたいだけど俺のジイちゃんとばあちゃんは、しちりんで焼かないと許せない世代なんだよ。ガスコンロで焼くとガスの匂いが気になるみたいなんだ。それに独特の焼き目は、七輪じゃないとつかないみたいだよ。昔の人って無添加の手の混んだ伝統的な物を食べてたから口がこえてるし長生きするんだよな。

動画の通りもちって熱くてもひっくり返す時は、必ず手を使わないといけないのが基本らしいよ。あとマメにひっくり返すことだね。もちは、コジキが焼くほどいいらしいよ。魚は、じっくり待って焼くから武士が焼くのが1番適しているよね。

あとは、きな粉と砂糖を合せる。分量は、

きな粉①

砂糖①

この2種類を1対1だから簡単だろ。

あまとうの人ならきな粉が2に対して砂糖が3にする事をオススメするよ。

それから焼き終わったら沸騰した湯の中に入れて好みの硬さになるまで待つだけだよ。

ほとんどの人がやわらかい方がいいっていう人が多いよ。俺の兄貴なんかキチガイみたいにドロドロに溶けるほどやわらかくするぞ!

湯がき終わったらさっき合わせた砂糖ときな粉にまぶせば出来上がり。

やわらかくしすぎたから画像では、田舎くさいけどめちゃくちゃうまいぞ。

絶対にオススメだ!

今日は、きな粉もち食べたから絶対に仕事は、ばっちりだな!

今日は、出勤まで時間が無いからたったこれだけで申し訳ないけどまたこういう料理企画をどんどんやっていきたいのでこれからも楽しみにしていてください。

2件のコメント

  1. 美味しそうですねー!
    作り方に拘りがあるのは良い事ですね!
    自分は、大雑把な性格なので
    お餅にそのまま何も考えずに
    黄粉たくさんつけて食べちゃいますね。
    あと、お餅はお正月に
    お雑煮を食べましたよ!
    醤油をベースにした出汁で
    シンプルに白菜と鶏肉だけです。
    いつかプロであるマッシーさんに
    スーパーアレンジしたお雑煮を
    作って貰いたいです!

    1. アイシンさん
      ありがとうございます。
      私は、雑煮は、田舎の瀬戸貝を入れたらうまくする自信がありますから田舎に帰った時に雑煮の作り方を投稿しますよ。期待していてくださいね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。