✨発達障害の借金生活✨

人生は、山あり谷ありでもきっといい事がある【の続き】

Scroll down to content

人ってものは、どこの国に

行ってもねけして偉くは

ないんだよ。

日本人だから偉いとか

ユダヤ人だから偉いなんて

事は、全くないんだよ。

なぜならヨーロッパの人はキリスト教だしアラブの人は、イスラム教で

ユダヤ人は、ユダヤ教を

信仰しているよね。

それって自分が今いる宗教がいいっていう根拠なんか

何もないんだよ。

自らいいと思って信仰している訳じゃなくてね

ただ漠然と先祖代々信仰していたとか

ただ自分は、ここに住んでるから信仰しているだけとかそういう理由ばかりなんだよ。

日本人だってねそうなんだよ。

GHQに洗脳されていてね

東京書店が刷ったつまらない洗脳教育をされてみんな騙されていたんだよ。

ルーズベルト大統領が反日派なのは、もう有名だから

みんな知ってるよね

でも日本が終戦を迎えた頃には、ルーズベルト大統領が亡くなってから

トルーマン大統領になったよね。

多くの日本人は、トルーマン大統領は、親日家だったと思い込んでる人が多いよ

トルーマン大統領は日本人は、他のアジア諸国と違って従来の植民地支配のやり方では、通用しないから

日本人を洗脳して低迷させてわからないように支配する事を長期に渡って試みていたんだ

本当は、日本は、アメリカと戦争したのは仕方なかったんだよ。

他のアジア諸国を見てもわかるけど

インドネシアは、オランダに

ベトナムやカンボジアは、フランスに

マレーシアやシンガポールなどは、イギリスに支配されていたよね。

白人どもに支配されるのが

今の日本人には、全く分かっていないのが

俺は、頭にくるよ。

植民地支配されてしまうと

支配国が法令をだしたら

いかなることでも従うしかないんだよ。

かしこそうな人がいたら

支配国からしたら不都合だから殺されたり

綺麗な女性がいたら襲ったり

従わなければ殺したり

好き勝手な事をされるんだよ。

だから日本は、それを避けるために植民地支配されるよりも戦い続ける事を選んだのに

馬鹿な日本人どもは、今の時代が平和だからいいとかぬかしている。

だから日本人は、話になら無い

俺は、アメリカに行った事があるのだが

白人にこの事について

話したら全ての白人は、

納得してくれた。

アメリカの悪口だって言ったにも関わらず

俺の話に真剣に耳を傾けてくれたよ。

しかし日本人にこの話しをしたりアメリカの悪口を言ったら

全ての日本人は、俺に対して否定的な事しか言わないのだ!

それどころか

それならアメリカのキャップなんかかぶるなと

俺に挑発的な態度をとったやつもいたのだ

アメリカ人は、教育をうけていると言っても

洗脳は、されていないから

俺の言ってる事に納得してくれたのだ

しかし日本人は、GHQに洗脳されているから

俺に対して否定なのだ

だから日本人は、ブラック企業が多かったり

意味の無いゴミ分別を一般市民を騙して強制的にさせたり

環境問題とかうその情報をテレビで放送したり

狂っているのだ

ブラック企業も多いしな

しかし俺は、負けない

もうそろそろ仕事が始まるので続きは、明日公開するね。

3 Replies to “人生は、山あり谷ありでもきっといい事がある【の続き】”

  1. アメリカに行ったことあるって凄いですね。
    羨ましい!!
    アメリカの、どちらの地域に行ったのでしょう。

    続編のブログ記事、心待ちにしています。

    1. ため息おじさん
      ありがとうございます。
      私は、おもにアリゾナ州に滞在してましたよ。
      ロサンゼルスとかラスベガスにも何回も行った事がありますよ。
      アメリカは、気候が良すぎて最高ですよ。
      湿度が低いから部屋に入ればエアコンなんかいらないですよ。
      一度行くことをオススメしますよ。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。