✨発達障害の借金生活✨

ここからは、川崎の倉庫内作業を辞めてニートになってからの話をします。

ニート生活は、あまりよく覚えて無いけど

今年の2月から6月くらいだったと思う。

この約4ヶ月間は、ニート生活している。

確か俺が発達障害だと診断されたのは、この期間だったはずだ!

発達障害だと診断されても

俺は、全く気にしなかった!

むしろ何も異常が無い方が

何で俺は、人付き合いが上手くいかないのだろうって余計迷う事になるから

これで良かったのかも知れない。

俺は、この期間

何をしていたかというと

部屋でPlayStation4の

信長の野望大志withパワーアップキット

をやっていた。

戦国物のシュミレーションゲームは、

大好きなので

老後は、死ぬまで部屋でゲームをして遊ぶつもりだ。

今でも

またニートになって

ずっとゲームしていたいけどな

あとは、ダイエットするために

よくあっちこっち歩いたもんだ。

調布とか丸子橋とか

読売ランドとか田園調布とか麻生区とかね

この画像は、今から8ヶ月くらい前に2時間くらいかけて

丸子橋まで歩いた時に撮影したよ。

仕事してなくても

失業保険を月に約12万くらいもらっていたから

借金の支払いとかで生活は、苦しかったけど

何とかなっていたが

しかし

それから

予期せぬ

不幸が襲ってきた。

それは、ハローワークに

行った時に、

JAの離職票しか提出してないのがバレてしまったのだ。

川崎の倉庫内作業でバイトしてやっと3ヶ月潰せたというのに

銀座の飲食店の離職票を提出していなかったのだ。

俺は、無知だったから結局後悔する事になった。

ハローワークの職員は、前回俺に支払った4万円と

銀座の飲食店の離職票をもらって来たら

次の認定日から

失業保険の給付を再開してやると言ってきた。

俺は、銀座の飲食店の人とは、話したくも無いので

退職代行を依頼した弁護士事務所のお姉さんに助けを求めるために

電車を乗り継いで弁護士事務所に伺った

頼み事をするんだから

電話だけですますのは、俺の気が済まなかった。

弁護士事務所に着いた俺は、事務のお姉さんに会うのは、2回目だった。

初めて会った時の事務のお姉さんの服装は、黒っぽいOL風で魅力的だったが

今回の普段着の様な服装も魅力的だった。

事務のお姉さんに事情を全て話したら

引き受けてくれたから

本当に助かりました。

また事務のお姉さんに

この時に世話になったから

近い内にお礼を兼ねて

事務のお姉さんに会いに行こうと思ってます。

銀座の飲食店から離職票が届いたのは、確か15日後くらいだったと思います。

俺は、離職票と4万円を持って無事にハローワークに行って失業保険の給付再開に成功する事ができました。

しかし生活が楽になったという訳では、ありません。

俺は、ほとんどの日は、コーヒーとタバコと水道の水だけで暮らしていました。

食料品を買う余裕など無かったのです。

オフクロには、銀座の飲食店を辞めた事は、バレて無かったけど

勇気をふりしぼって

田舎のオフクロに電話をして銀座の飲食店を辞めた事と今は、生活が苦しい事を全て正直に話しました。

怒られて田舎に帰って来いと言われるんじゃないかと思って不安だったけど

意外とオフクロは、冷静でした。

それからオフクロが18万貸してくれました。

おかげ様で助かりましたが

今現在も返して無いので

いつか余裕が出来たら少しずつでも返していこうと思います。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。